郵便料金を安くするために


こんばんは。
副業マルチワーカー石井です。

最近寝不足のマルチワーカーです(笑)

やるべきことが重なってくると、頭の中で抱えきれなくなるので、
そんなときには全タスクを書き出して優先順位をつけていかないと全部中途半端になってしまいます。

あとは集中力がどこまで続くか。

副業でビジネスに取り組んでいると仕事を終えて帰宅して、
食事して、お風呂に入って、そこから作業に集中すると、
夜遅くまで副業してしまい、次の日の本業に影響が出てしまうことがあります。

やっぱりね。
寝不足だと良い案も出ないし、作業効率も落ちるし、、、

決めました。

ちょっと生活リズム変えます!

「23時30分就寝の5時30分起き」

早速今日から実行します!

さて今日は郵便局との「後納契約」についてです。

郵便局のホームページを見ると、以下の記載があります。

・料金を一カ月分にまとめられるので、事務所の経理業務を省力化できます。
・切手をはる手間が省けるため、発送業務を効率化できます。
・金融機関の預貯金口座から料金を自動的に支払うことができます。
・料金や取り扱いがさまざまな郵便物・荷物について、一カ月単位で料金の一括払いができます。
・広告郵便物は差出条件を満たせば月間割引制度の適用が受けられ、経費節減を図ることができます。
・料金後納をご利用いただくお客さまには、郵便物・荷物のお引き受けを円滑に行うため、お客さまカード(ゆうびんビズカード)を発行させていただきますので、お手数ですが、料金後納をご利用の際には、お客さまカードのご提示をお願いいたします。

簡単にいうと、支払いは後払いで、多く出荷してくれるなら割引もしますよという契約ですかね。

これ私は「海外配送用」と「国内配送用」を別々に後納契約しています。

「海外配送用」は超暴利少売戦略なので、特別な割引はないのですが、

「国内配送用」の割引率は個人ではかなりの割引率かなって思っています。

その郵送のお値段はなんと!

ゆうぱっく60サイズ~100サイズまでで、
東北から九州まで一律4○○円ぐらいです。

通常が60サイズのみで最低価格が690円だから、
かなりお得かなと思っています。

どうしてこんな契約が個人でもできるかというと、
やはり年間の配送見込み数がポイントになります。

そのための基準が必要になるのですが、

私の場合は、
3ヶ月間で1750万円を売り上げた実績を見せて交渉しました。

後納契約に限らず、交渉の場では、こうした実績がかなり生きてきますね。

副業の方は自社配送は厳しい方が多いかもしれませんが、
郵送料金が安くなることはそこに外注化をすれば、経費はかなり削減になります

それぞれの実績に応じて、検討してみるのも良いかもしれませんね!

それでは、本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です