【輸入ビジネス】外注さんへ仕事を増やせるか


こんばんは。
副業マルチワーカー石井です。

昨年の12月より開始しました
2019年上半期Amazon輸入グループコンサル。

6ヶ月強のカリキュラムが終了しました。

もう終わりかと少し寂しい気がしていましたが、
ほぼ全員が継続するとのことになりまして、
引き続き、一緒にツールを利用した輸入ビジネスを中心に物販を頑張っていければと思っています。

まあ、一度輸入ビジネスで収益化できると
あとは外注化をして手離れをしつつ、
回していくだけで稼げますからね。

一つの収益の柱としては、ツールを利用した輸入ビジネスは大変魅力的かと思います。

別件ですが、最近は自社ショップが少しずつ成長してきました。

総代理店やOEMなど独占商品を持つと、
自分だけのショップを構築したくなります。

昨日お話しした外部アクセス中心に集客をしていきまして、
直近だと1日1000PVを超えるようになってきました。

あとは、もう少し商品ラインナップを増やしていきつつ
ブランディングを強化していければと思っています。

さて、本日は外注さんへ仕事を増やせるかというお話です。

雑務が増えてきたら、外注さんを採用していき、
自分でなくても良い仕事を減らしていこうといきますよね。

そのときに、よく起こる問題として、
最初は仕事を渡せたけど、段々と仕事が減っていったり、
渡せなくなってきたり、指示ができなくなっていく

結果、辞めてしまうということがあります。

外注さんはビジネスパートナーなので、
自分の成長以上のことはできないです。

外注さんを採用したら、
楽になるというよりは、

より自分がパワーアップして
外注さんへ仕事を渡していけるように
努力をしていかなければいけないと
考えるべきです。

そのため、いかにして外注さんへの仕事を
増やして上げることができるか、

そのときに、あまり単価を安すぎても
行動してくれません。

報酬面、仕事面ですり合わせていき、
外注さんが気持ちよく作業をしてくれる環境づくりができないと、

ビジネスパートナーへはなっていきません。

いかにして、仕事を増やせるかというのは、

いかにして、自分がより成長できるかにかかっています。

それが外注化成功のカギかもしれないですね。

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です