【Amazon輸入ebay輸出】「ちょっと今から仕事やめてくる。」


こんばんは。
副業マルチワーカー石井です。

昨日は久しぶりに映画を見に行ってきました!

北川恵海さんのベストセラー小説が原作のこれですね!
↓↓

ブラック企業に勤めてしまった若者の物語なのですが、

共感する場面が沢山ありました。

パワハラ上司の威圧感の場面

忙しすぎて、身の周りのことができなくなり、ゴミが散らかっている場面

夜も眠れないぐらい会社のことばかり考えている場面

笑顔を忘れて、ずっと暗い顔ばかりしている場面

残業代が出ないで、過剰な労働をしている場面

親の優しさにも気づかず、自分のことしか見えていない場面

ちょっと見ながら、昔の自分を思い出して、

涙が出てきました。

私が副業を始めたきっかけは、

就職した社会人1年目での出来事が大きく影響しています。

夢と希望を持って、

社会人をスタートしました。

けれども、現実は厳しく、

月の労働時間は 550 時間を超えて、

休みは月に1回、

年収 300 万円程度、

過労で心も体もボロボロになり、辞めて転職しました。

いつしか大切な笑顔も忘れて、

暗ーい感じの何の魅力もない人間になっていました。

転職をしても、

将来への不安(金銭面・人間関係など)は抱えたままでした。

そこで何とかして、

自分の力でお金を稼ぐ力が欲しい決意して、

「個人で稼ぐ力」=「インターネットビジネス」=「副業」を開始しました。

副業をしていて最近思うことは、

「自分がやりたいことをやれている充実感」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お金を稼ぐ力が欲しくて副業を開始しましたが、

一番欲しかったのは、

「自分への自信を取り戻したかった」

のかもしれません。

正直、社会人1年目で仕事をやめたときは、

人生終わった。俺なんてもう必要ない人間だ。

ぐらい思っていました。

笑顔なんか必要ないやとも思っていました。

仕事にやりがいなんて持ってはいけない。

ただ、会社の言われた通りに、ロボットのように

音沙汰なく無難にやっていればいいんだ。

仕事にいきがいとかやりがいとか

考えなくなっていました。

でも、

インターネットビジネス(副業)を通して、

少しずつ稼げるようになってくると、

ちょっと嬉しくなりました。

自分の力で、収益を生み出していけるようになると、

「何か楽しそう!自分でもやれるかも!」

って前向きな気持ちになっていて、

いつしか、

「自分の意思で学びを深めていけることへのやりがい」
~~~~~~

を感じるようになってきました。

あの社会人1年目の終わりの頃に、

やりがいなんて必要ないって思っていた時代を

ようやく忘れることができたような気がしています。

「ちょっと今から仕事やめてくる。」

「無在庫輸入ビジネス」に出会えたおかげで、

あのときの決断は間違いでなかったと

ようやく思えるようになってきました。

それでは、本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

メルマガ登録ここから【石井孝憲 公式メルマガ 】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です