【輸入ビジネス】ビジュアル的にザッと7割進めてしまう


こんばんは。
副業マルチワーカー石井です。

昨日久々にハカイジュウという漫画を読み返したくなり、
漫画部屋から全巻を一気に持ってきて、一気に読みました。

漫画を読む時に、2パターンに分かれるかと思います。

1、活字を一文字一文字読むタイプ
2、活字と絵をビジュアル的にザッと読むタイプ

1は丁寧に読んでいくので、内容をしっかりと把握できますが、
漫画を読むのに時間がかかります。

2はザッと読んでいくので、内容は7割くらいの把握になりますが、
漫画を読むのに時間がかかりにくいです。

私は2番のタイプなため、漫画を読むのがとても早いです。
単行本1冊であれば、10分程度で読みきります。

皆さんはどちらのタイプでしょうか?

さて、本日は物販ビジネスの進行方法についてです。

先ほどの漫画の話にも通じますが、
物販ビジネスを進める上では、7割把握でどんどん進めていくタイプが
良いと思っています。

というのは、物販は流動的に対処する部分もあり、
一つ一つを細かく考えてこなしていたら、
収益化のスピードが遅くなり、
そのノウハウはどんどん古くなっていく可能性があるからです。

まずは、素直にザッと7割分かるところだけを進めていき、
進めながら、残りの3割をどうしようか考えていく。

つまりは、悩んで止まるぐらいなら、
分かるところだけをまずは進めていくことで
自分の気持ちをのせていくことが大切です。

もちろん、途中でわからないところが出てくるかと思いますが、
その悩みを解決しなければ次に進めないのであれば
解決をするべきですが、後回ししても大丈夫であれば

先に分かるところを実践してしまい、終わってから戻るというのも手です。

私も代理店ビジネスを通じて、
販促物の作成法など、分からないことが多くありましたが、
先に分かるところから実践していくと、

その作業過程で気づくことが多々ありました。

漫画の読み方と同じではないですが、

まずは7割程度の全体像をザッと把握して
その後残りの部分を補っていくのが
最も効果的なビジネスの進め方かと思っています。

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です