【輸入ビジネス】3ヶ月トータルで収益バランスを考えること


こんばんは。
副業マルチワーカー石井です。

一昨日は2018年メーカー取引グループコンサルで
同期メンバーと一緒に美味しい天ぷらを食べに行ってきました。

持ち込みOKのお店?だったので、
ハイボールを2杯飲みながら、物販の話で盛り上がってきました。

しかもお世話になっている師匠も参加してくださったので、
ずっと有在庫輸入のやり方をたくさん聞きました。

有在庫輸入もセラーリスト作りから


もう、、、有在庫輸入我慢できないです。。。

しかもちょっと裏テクニック的なことを聞いてしまったので、

「うぁー、これ実践してみたい」

って思ってしまいました。

在庫を持たない輸入ビジネスを開始の時は、

・リサーチ辛い
・在庫切れ怖い
・ツール大好き

でした。

いや、今もこれはすごい魅力です。

ただ、有在庫輸入のピンポイントリサーチも楽しいし、
今まで学んだあるノウハウを使うと、、、

有在庫かなりのレバレッジがかかり、
さらにそのノウハウは有在庫セラーはほとんど知らないという。

とりあえず、勝利の方程式である
セラーリスト作りから開始していきます。

3ヶ月のトータル収益で常に数字を見ていくこと


最近は、石丸塾生、個別コンサル生、石丸ツール生と
色々とご縁のある方々がかなり増えてきました。

ちょっとどこかで統合的なチャットを一つ作ろうか
迷っていますが、、、年末までに考えます。

12月16日(日) 18時からの忘年会は
全員に声をかけるのでそこで聞いてみます!

昨日も個別コンサル生とスカイプをしてたのですが、
ちょっと気になるというか考え方の話です。

その方はツールを利用した輸入ビジネスに挑戦していまして、
販売アカウントも既にお持ちだったため、少し教えただけで
3ヶ月以内にコンサル代以上稼がれました。

そして、今は次のステージを教えています。

彼は、元々は国内転売をメインとしておりました。
所謂足で稼ぐタイプです。

輸入ビジネスはどちらかというと
ツール×外注化を駆使してPC一台で半自動で稼ぐ形です。

これから年末になるので、
有在庫が大きく収益化しやすい時期になるのですが、
彼は輸入ビジネスをさらに強化しようとしていました。

もちろん、悪いことでは無いですが、
私自身は少し考えが違います。

・輸入ビジネスのみで月収50万円
・輸入ビジネスで月収30万円、有在庫国内転売で月収30万円

これなら、私は後者の方が格段に価値が高いと言えます。

収益の柱とリスクヘッジの考えをベースに考えると、
複数ビジネスにおける分散型収益柱の方が継続してビジネスを続けること
また成長度的には大きいです。

しかも、彼の場合は有在庫ですよね。

在庫を持たない手法ばかりやっている人は有在庫ができない(実践しない人)が多いです。

ただ、本当に長く物販ビジネスをみているのなら、
有在庫の視点、特にリサーチと販売力は今のうちからコツコツ磨いていかないと、
いつかはどこかで物販を続けられなくなります。

だからこそ、私はコンサル生の彼に言ったのは、

年末だからこそ、
一度輸入ビジネスを外注化して半自動にしたら、
そこからさらに極めるのは一時中断して
国内転売の有在庫をやっていきましょうと伝えました。

おそらく、外注化を経験した彼なら有在庫はさらに稼げるはずです。

そして、収益というのは常に月単位でなくて、
3ヶ月ベースで見た方が良いです。

「今月稼げなかった、、、どうしよう」

ではなくて、

「今月は収益10万円、でも次の月の〇〇は準備できているから来月は月収30万円ぐらいいけるだろう、
それを安定化させて3ヶ月目は月収60万円、3ヶ月トータルで月収100万円だ!」

みたいな感じです。

そこにどのビジネスでも良いのです。
輸入ビジネスを習っているからそれだけに固執してしまいがちですが、
軸となるビジネスがあるのであれば、

「どれくらいの割合で複数ビジネスを進めていくのか」

つまり、3ヶ月のトータル収益で常に数字を見ていくと、
きっと大きく稼げるようになるのではないかと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です