【輸入ビジネス】仕入れ先の開拓と販路拡大と売り方


こんばんは。
副業マルチワーカーです。

昨日は月に1回の石丸塾オンラインラジオの日でした。

30分ぐらい、私が毎月感じていることとかを
気ままに話をするだけなので、

日々のビジネスの片手間で聞いてもらればという
気軽な感じで開催していただいておりますが、、、

いつも石丸塾メンバーの7割ぐらいの方が来てくれています。

嬉しいですし、励みになりますね。

毎回、独り言のように話しているので、
これでいいのかなって思う時がありますが、
気ままに継続していこうかなと思います。

さて、今日は物販での大切な3つの視点をお話しします。

1、仕入れ先の開拓
2、販路拡大
3、売り方

正直、この三つに加えて、あとは物流の安定化と仕組み化を加えると
副業でも物販収益を安定化させることができます。

1、仕入れ先の開拓

以前もお話したことがあるのですが、
物販は入口と出口の考え方が大切です。

「良いものを安く仕入れて高く売ること」

当然、物を販売する時には、
仕入れ先(生産先)が存在します。

Amazon輸入であれば
Amazon.comで仕入れることが多いですが、
仕入れの不安定さが懸念されます。

そのため、しっかりとしたメーカーさん等と
取引を交わすことで、仕入れ先を安定的に押さえることができますし、
安く仕入れることが可能です。

また、仕入れ元の安定化ができると
プラットフォームを利用した物販においては
アカウントになりにくいなどのメリットもあります。

単純なツールを回したAmazon輸入でも稼げますが、
これをマーケティングとして活用した取引先(仕入れ先)の開拓を
早い段階からしておくとビジネスを続けることができます。

要は、無在庫やりつつ、有在庫取引を構築していくというのが
もっとも効率的かつ安定的だと思うからです。

また、高くというのは、何かしらの価値が加わって高くなります。

・トレンドもの
・希少性
・SNSで人気
・機能性が良い

つまりは、需要と供給のバランスのことですが、
ここを意識し始めると良いかと思います。

2、販路拡大

次に販路拡大についてですが、

販路と聞くと、何を思い浮かべますか?

・Amazon
・ヤフーショッピング
・楽天
・Wowma
・メルカリ
・ヤフオク

今ではECサイトは数多くあります。

私はこの販売先、もしくは自分の商品を販売してくれる場所を
「出口」として捉えています。

イメージは山から海へと流れる川のイメージですね。

仕入れ先は、川の始まり、
販売先は、川が進んで大海へ流れていくイメージ。

つまり、販売先が多ければ多いほど
海へより多く流すことができます。

出口が多ければ多いほど、
商品をたくさん回転させることが可能なのです。

そのため、販路はたくさんあった方が良いです。

ただし、そこにはその販路の管理などの
雑務が発生してしまうことも考慮しましょう。

例えば、

ECサイトだけだと店舗数は限られていますが、
実店舗に卸せると、その店舗数だけ販路は増えます。

あとは、同じような商材を回転させることができれば、
安定化をはかることが可能になります。

同様に、Amazonで売れたものを
そのままヤフショや楽天に展開しても
やっぱり売れます。

販路拡大というのは、売れて利益が取れるものの
回転を上げるためにはとても必要な行動になります。

3、売り方

最後に、売り方になりますが、
各販売プラットフォームなどでは、特有の売り方が存在します。

例えば、
Amazonでは、1商品カタログに複数人が相乗りしますので、カートを取るということが売る時に大切になりますし、
ヤフーショッピングでは、ネットショップで1商品には必ず1カタログなので、自分の商品をいかにして、検索ページの上部に自分の商品を表示するための考え方も大切になります。

実店舗で売るには、販売促進のための行動が必要になります。
SNSで商品の認知を上げていく販売促進活動が大切ですよね。

こうした売る場所によって、
売り方は異なります。

その売り方を学ばないと売ることはできないのです。

上記の話をしてきましたが、

特に、1の仕入れ先の開拓、3の売り方に関しては、
誰か実績のある方のコンサルを受けた方が早いです。

時間をかけて身につくには、とても時間がかかるし、
たくさんの失敗をしていかないといけないからです。

仕入れ先の開拓、売り方というのは
ノウハウ的なものが強いので、一度実績のある方から
教わるとその後、自分の財産になりますので、私は効果的な方法と考えます。

2の販路拡大に関しては、
出店の仕方などは、ネットにたくさん情報がありますし、
そこは単縦な作業になりますので、自分で最初は進めていくのが良いと思います。

私自身は、特にAmazon輸入の売り方に関しては、他のスクールでもメイン講師をしながら
100名以上に教えてきていて、石丸塾コンサル生になった方は、ほぼ継続して教え続けています。
(石丸塾の専用ツールがとても強力だからというのもあります・・)

ただ、人数をたくさん教えるというよりは、
一緒に長くビジネスを楽しめる仲間を増やして、
共に笑顔を増やしていきたいというのをコンセプトとして
情報発信をしています。

今年はもう輸入ビジネスのコンサルは取らない予定ではいましたが、
7月ぐらいから空きが出ますので、数名であれば教えることは可能になりそうです。

また、6月末ぐらいに現在の実績者の方との対談を配信しながら、
Amazon輸入のグループコンサル生を
数名程度だけ募集しようかと思います。

2019年での輸入ビジネスのコンサルは
これで最後かと思いますし、今後はやらない可能性が高いです。

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です