【Amazon輸入】スケッチブック片手に


こんばんは。
副業マルチワーカー石井です。

私は小さいときから美術は苦手でした。

発送するというか、形にするというか、

きっと創造力がないんだと思います。

通知表なども評価2とかほとんどでしたねー

だから「スケッチブック」とかあまり使わなかったし、

使っても下手くそな絵しか書けなかったので、

2~3ページ使ってあとは全部白紙とかでした。

そんな、スケッチブックをおよそ15年ぶりぐらいに買いました。

何のためだと思いますか?

昨年の2月から副業でビジネスを始めて、

「情報発信」

「輸入」

「輸出」

「国内転売」

と様々なビジネスを副業で時間を調整しながら駆け上がってきましたが、

やっと、最近気づきました。

「マルチワーカーのタスク管理の必要性」

いまさら!?

という感じの方もいるかと思いますが、

私自身あまりタスク管理を紙に書いたりせず、

日々のルーティン的な作業を確立する

新しくやりたいことを決めて、それだけを集中的に切り開く

ある程度安定してきたら仕組み化してルーティンに加える

これを自分の感覚と集中力だけで進めてきました。

でも、ビジネスの幅を広げると、イレギュラーも増えてくるので、

そろそろタスク管理が必要だなって思いました。

やっと、分かったかって俺って感じです(笑)

そこで、月に2回、

大きめのスケッチブックに、文字の箇条書きではなく、

「イメージの派生的なタスクまとめ」

をしていくことに決めました。

例えば、

中央→月の目標を大きく

そこから派生→各収益の柱の目標

そこからさらに派生→各柱の目標を達成するためにすべきこと

そこからさらに・・・・

みたいな感じで描きました。

うん!これなら適当な感じで創造していく自分のイメージにぴったりでした!

おかげで、

不安なことを吐き出せて、

目標への道筋を調整できました。

「今なにをすればいいのだろうか?」

そんなときには、大きなスケッチブックに描きたいように自分だけのタスク管理表を作って、自分のデスクの前に貼ってみると、明確な道を作れるはずです。

それでは、本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です