【Amazon輸入】通関部から、まさかの○○


こんばんは。
副業マルチワーカー石井です。

昨日、DHLの通関部の方から連絡がありました。

以前から何度かやりとりしていますので、

担当の方とは、かなり仲良しです。

 

今回、医療機器にあたる可能性のあるものの確認のために

1、「厚生局に電話」

→担当の都道府県へ問い合わせをしてください。

2、「都庁の薬事課に電話」

→来庁の予約をしてきてください。

予約して新宿まで行かないといけないらしいです。。

「時間の面」

「コストの面」

をトータルで考えて、確認を諦めました。

ここからは処分の対応になります。

DHLさんへ再度電話

→仕訳作業をして滅却処分申請の手続き依頼

仕訳作業費:「8000円」

滅却処分費:「3000円」

滅却処分は依頼文書を送らないといけません。

その他の荷物は2~3日で届くということです。

「絆創膏」
~~~~~

これもアウトなんですね。

今回のやり取りで分かったことは、

医療機器かどうかは、実際の商品を見て

「ケースバイケースがあるということ」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

でも、調べるためには電話では無理ということ。

うーん。

必要経費だが、痛い出費です><

それでは、本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です