【Amazon輸入ビジネス】月商600万円利益10%VS月商200万円利益30%


こんばんは。
副業マルチワーカー石井です。

石丸コンサル生からご報告。
1月の12日間での売上(利益も確保できているとのこと)

⇒ http://smile-ichiban.com/konsaru12 

 

先月は月利100万円も達成できているということで
嬉しいというかホッとしています。

ここまで構築するのに、
本人またその周りの方々は
相当な努力はされているかと思います。

私は、きっかけとかヒントとかを渡して
「頑張れ!」って言っているだけなので、
大したことはできていないです。

やはり、本人の努力の賜物です。

引き続き、体調に気をつけながら、
元気に泥臭く頑張っていって
一緒にビジネスで切磋琢磨していきたいな
と思っています。

他の方のコンサルでは、
アカウントの守りの面で
少し悔やまれる場面があります。

何とか、血肉にしていって
次に繋げてほしいです。

もっと自分が経験値とか力を
つけていかないといけませんね。

さて、

「月商600万円で利益率10%」

「月商200万円で利益率30%」

どっちの戦略で実践していきたいですか?

私は、、、、、、

どっちもです!

って言うと面白くないので、

あえて決めるとしたら、

「月商600万円で利益率10%」

(まあ、輸出ビジネスは月商100万円で
利益率70%を目標に実践していますが・・)

多くに人が、そんなの割りに合わないよって思うかもしれないです。

でもです。。。

私の考え方は

月商600万円で利益率10%だったとしても、

そのときの泥臭いキツイ経験があるから、

利益率を本気で求めて、自分のノウハウができたり、
外注化を本気で求めて、自分のチームができたり、
販売母数を本気で求めて、自分のアカウント強化ができたり、
物販の経験値を本気で求めて、自分のキャッシュポイントを増やしたり、

まずは、ヒイヒイ言いながら、
売上を伸ばして、経験値を上げて、

「やば、これだけじゃあ、まずいな・・」

じゃあ、利益率は仕組みは・・って本気になると思います。

利益が取れないことを怖がりすぎない。

赤字の売上が私たちに与えてくれるものは
沢山あります。

私なら、10000円の赤字が出たら、
それを1000円の赤字にする努力をしたり、

10000円の赤字の経験から、
利益率を本気で求める血肉にして
ノウハウを見つけ出します。

何年、副業ビジネスやりますか?

私はずっとやっていきたいです。

今よりも来年、10年後、20年後、、
それぐらいのスパンを考えて
ビジネスに取り組むのであれば、

今やらないといけないことは、
明らかにビジネスの土台作り。

だからこそ、今でこそ年商2億円って
なっても気持ちは、

まだまだ全然ダメ。
もっと広い世界。
もっと他のノウハウ。

知りたいことだらけです。

だからこそ、

誰かのコンサルを受けたりして
貪欲に学ばせてもらっています。
(勿論、学んだ分はそれ以上に稼ぐ決意でおります)

ちょっと稼げても、
自分はまだまだ未熟。

現状に満足せずに、
常に成長を意識しています。

月商600万円利益率10%でもいいじゃないですか。
案外、毎日慌ただしくて楽しいですよ(笑)

きちんと仕組み化すれば、半自動で利益60万円になっていきますから。

1にも
2にも

「経験値」

でも、経験だけでなく、

必ず経験までの苦労を収益にする貪欲さ

そんな気持ちをもって
1年間副業ビジネスをやりきれば、
きっと収益は伸びてくると思いますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です