【輸入ビジネス】プロモーション活動


こんばんは。
副業マルチワーカー石井です。

さて、本日は代理店ビジネスについてです。

ツールを利用して出品をしていて出会えた商品は
多くは有在庫の方々がまだ参入してきていない商品になります。

つまり、メーカー交渉や代理店交渉で他が入ってきていないため、
非常に動きやすいメリットがあります。

無在庫、有在庫ともに単純転売であると、
どうしても商品の種類は増えて、
一つ一つに対してに発注作業や顧客対応などがあります。

メーカー取引や代理店ビジネスは基本的には
商品のリピート発注を狙っていく戦略になりますので、

基本的には、少数商品の管理となっていきます。

そのあたりを考えると、
やはり、安定的かつ魅力的ではあると思いますが、

大変な面もあります。

そもそも販売戦略が単純転売と異なるからです。

単純転売は、価格差のあって、売れる可能性のあるものを
ただ並べて売るだけです。その分、扱う商品の種類は増えます。

一方、メーカー取引は、価格差があって(生み出して)、売れる可能性があるものを
仕入れるのは変わりませんが、ただ並べるだけ以上のことが必要になってきます。

以前もメルマガで書きましたが、販促活動ですよね。

要はプロモーション活動を通じて、
その商品の認知を育てていくということです。

つまり、代理店×販売促進活動というのはセットになります。

このあたりからは、もう単純転売とは
思考が変わってきます。

が、単純転売以上にやりがいがあるのも事実です。

今、やりがいと言いましたが、
代理店で実店舗等へ展開するには、
費用も時間もかかります。

そのため、自分がその商品を好きか、
その商品のプロモーション活動が好きか、

そうした気持ちの部分も持っていないと
行動がついてきません。

すぐに結果が出るのではなく、
大きな収益化につながるのは、そうした活動の積み重ねの結果として、
収益化につながるのです。

そのため、収益化だけに先行してこだわり過ぎると
心が折れます。

あくまで、自分の学びと成長と新たな挑戦と捉えていった方が
成功への近道と言えます。

なので、収益の結果がすぐに欲しい人は
単純転売が良いです。

特に、輸入はツールと外注化で半自動収益に
つなげていくことができるので効率が良いです。

ただし、当然特有の不安があります。

それは輸入を実践して収益化ができた人でないと分からない面があります。

それを解決するためにもメーカー取引をやっていくことも一つの選択肢かと思います。

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です