【Amazon輸入ビジネス】真似をしてくる⇒でも真似できない⇒諦める


こんばんは。
副業マルチワーカー石井です。

今年は(も)インプットとアウトプットの
繰り返しをしております。

1月からある方のコンサルを受けています。

そこで学んだことは、

やっぱり最初は

「セラーリサーチ」
~~~~~~~~~

つまり、同様の戦略を展開しているセラーから
出品しているものをリサーチしていって
展開していくことです。

セラーリサーチは無在庫同様の視点なのですが、

さらにそこにとある参入障壁を入れていることで
収益を守られているセラーが多いです。

要は、単純なセラーリサーチで
他の追従を許していたら、収益は伸び続けないということ。

セラーリサーチは自分も相手もされるものと思って
ビジネスを展開していく必要があります。

例えば、

最近スパークリング清酒にハマっているのですが、

A社のスパークリング清酒が人気が上がって
売れてきたら、

B社、C社と真似してきて、
競争になりますよね。

そこから、それぞれの独自性(味の違いなど)
でターゲットを分けていくかなと思います。

セラーリサーチも同様に、

自分が売れていれば、
確実に1ヶ月以内に真似をされます。

そこに、参入障壁というロジックを
展開しない限りは。

つまり、セラーリサーチをされても
真似できない壁を自分で作り上げるんですね。

「真似をしてくる⇒でも真似できない⇒諦める」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こういう心理に持ってこれたら、
自分は継続して稼ぎ続けることができると思います。

他の人が真似できない
自分だけの参入障壁を作っていきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です