【Amazon輸入ビジネス】Lv1多販路プレイヤー


こんばんは。
副業マルチワーカー石井です。

「そうだ!○○にいこう!」

⇒  https://sp.jorudan.co.jp/hanami/kyoto.html 

 

4月にビジネス仲間と開催予定です。

しかも平日の昼間から桜を見ながら
お酒を飲みながら語り合う♪

インターネットビジネスを継続的に
続けてきた結果、得てきた一つの楽しみでもあります。

さて、多販路プレイヤーって人がいますよね。

「一つのプラットフォームに依存せず、リスクヘッジをする」
「Amazon/ヤフショ/楽天など販路を分けることで多くの顧客を獲得する」

とても魅力的です。

ただ、私は多販路プレイヤーになりたいと
思えるまで約2年かかりました。

正確には、

「多販路プレイヤーのステージに辿り着くまで2年かかりました。」

早期の販路拡大を推奨される方もいますが、
各プラットフォーム事の規約の特性も異なりますし、
販売形式も異なります。

また、プラットフォームを利用するには
月額の費用がかかります。

物販ビジネスに慣れていない人が
一つのプラットフォームで月収30万円以上稼げない人が

別の販路に行っても稼ぐことができない。

・異なる規約への対応ができない。
・アカウントを作ったのは良いが月額以上に稼ぐ行動ができない。
・多販路のノウハウが少ない
・最初の柱のプラットフォームの売上が落ちてします。

要は、

時間的にも
費用的にも
ノウハウ的にも

レベルが高いと思うのが、
多販路です。

だからこそ、私はそこに本格的に
挑戦しようと思うまでに2年間かかりました。

「自分は物販ビジネスをまだまだ分かっていない」

そう思い続けている間は
多販路に挑戦するのは先にしていました。

けれども、
ようやく多販路へ挑戦しても
良いぐらいの仕組みが完成してきたので、

2018年1月から販路を拡大しております。

ある販路は、開始わずか1ヶ月で
月利15万円を達成できました。
(作業時間は1日5分です!)

仕組みができているので、
売上を伸ばせば自然と収益が入ってくる状態なので、
販路を拡大しても、いけるイメージがありました。

最近のメルマガでも言いましたが、
私は慎重な人だと思います。

慎重だからこそ、ある程度自分の中で

「いける!」

ってイメージを持つまでは、
それまでのことを反復で自分の血肉にしていくことを
ベースにやっていきます。

次への展開は、自分が今の販路で
月収30万円以上を達成するなど

納得してからじゃないとやらないし、
やれない人だと思っています。

私は、

「Lv1多販路プレイヤー」

ただし!

「Lvを一気に上げるためのはぐれメタル級の経験値の狩場
(無在庫で売れるもの)を知っています」

「そして、既に冒険の仲間を数名構築しているので、
物語をサクサク進めていくことができます」

最速で、Lv50多販路プレイヤーを目指していきます。

それでは、また。

 

メルマガ登録ここから【石井孝憲 公式メルマガ 】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です