【アマゾン無在庫輸入】ロジカルシンキングを鍛えよう!


こんばんは。
副業マルチワーカー石井です。

絶賛!返品物の対応に悩み中です!

薄々は感じていましたが、

月商100万円→月の返品数:1~2個程度

月商2000万円→月の返品数:20個~40個程度

年商1億円→年間の返品数:240個~480個程度

物量が増えれば、返品数は比例して増えていきます。

返品になったものはNGASINに入れて

フィルタリングにしていくことで、

その情報を蓄積させていくので、

返品はある程度減っていきますが、

それでも、この返品を流す仕組みを考えないと

自宅や事務所に貯まっていってしまいます。

けれども、返品物の処理って

なぜか

「優先順位が低い」

ヤフ○クに出品するにしても、

ブック○フにもっていくにしても、

手間がかかる。

しかも輸入品だから、買い取ってくれない可能性も高いし、

買い取ってくれても、半額以下がほとんどだと考えてしまいます。

どうしたものかなって考えているうちに、

なかなか行動につながっていきません。

「返品買取販売代理店」
~~~~~~~~~~~

ができたらいいのにと思う今日この頃です!

こうした副業ビジネスで

課題を解決するときにお勧めなのは、

「ロジカルシンキングで行動すること」
~~~~~~~~~~~~~~~~

副業ビジネスの課題解決では、

ロジカルシンキングを鍛えるための

5つの訓練法を参考にしてきました。
↓↓↓

 

課題を見つけ、

スタートとゴールを考え、

その間の筋道を組み立てて、

仮説と検証を繰り返しながら、

方向性を修正していき、

ゴールを目指していくこと。

例えば、

課題:Amazon無在庫輸入で初売上を上げるためには

【スタート】
・教材・コンテンツを確認する

・Amazonのセラーセントラルを作成

・ZONASINハンターを設定

・ツールを設定

・ライバルセラーからASINを集める

・ツールの設定値を精査する

・初売上

【ゴール】

これを今回の課題で検討してみると、、、

課題:返品処理が自動で流れる仕組み

【スタート】
・返品物のデータをスプレッドシートで常に更新していく

・どこまで手間をかけて処理をしていくか

方向性としては、2パターン

・最低労力で最低限の資金に変わればOK!
・手間をかけて最高限の資金に変わればOK!

(例)
一、返品物の新品はFBAへ納品

一、返品物の不具合があるものはジャンク品でヤフ○ク

一、まとめて一気にブック○フorハード○フ

一、他の不用品買取店にもっていく

この作業をネット/リアルスタッフに外注化

返品物の処理が自動で流れる仕組みの完成

【ゴール】

という、イメージをもって絶賛取り組んでおります。

「ロジカルシンキングで課題解決」
~~~~~~~~~~~~~~~~

それぞれのビジネススタイルに合わせて

課題を解決する仕組みを考えて、

まずは行動していきましょう!

それでは、本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です