【Amazon輸入】確定申告からの年商1億への決意


こんばんは。
副業マルチワーカー石井です。

3月は私にとって初めての確定申告になりました。

計算してみると、昨年は8月から始めたAmazon輸入で大きく収益を伸ばしていき、
年商2500万円近く売り上げました。

しかもほぼラスト9月~12月での4ヶ月間の数字なので、
今年1年間走り抜けて、年商1億円目指していきます。

初心者で輸出ビジネスを開始したときには、想像もできなかった数字ですが、
基準値が上がってくると、

「狙えるかも!?」

と、気合が入ってくるものです。

昨日のメルマガにも書きましたが、壁を乗り越えることに慣れると、

自然とその先に見える明るい光が想像できるんですね。

最初の頃は、出口のないジャングル状態でした。

けれども、だんだんとなんとなーく出口が予測できてきます。

経験値は本当に大切。

売れた商品が赤字だと、すぐにキャンセル処理をする方がいますが、

私は経験値や評価のことを考えると、多少の赤字でも取引を続けています。

何事も積み重ねになり、特に初心者で始めた頃は、そのことの優先順位を上げていった方がいいです。

さて、今日は税理士さんと確定申告の話をしてきました。

売り上げがかなり伸びたので、税理士さんを依頼していなかったことを想像すると、、

まあ、今頃は作業に追われて大変だったなあと思います。

私は税理士さんと月に1回、経営のことを相談するのが楽しいです。

ビジネスを始めて、収益が伸びてきたときに一番不安だったのが、
税務処理でした。

昨年の6月頃は、それこそ出口のないジャングル状態で、パニック。

でも、今のコミュニティーに入って、あるご縁で今の税理士さんを紹介していただいたら、
信頼のできる税理士さんに会えることができました。

あのとき、独学からコミュニティーへ所属してビジネスの学びをしていこうと決意して良かったです。

今日のお題は、

「確定申告」

「消費税の支払い」

法人化して、およそ2年後には消費税の支払い義務が出てくるので、

経営を抑えながら運営していこうと思っていました。

けれども、先生のアドバイスのおかげで、消費税のこと、法人税のこと、経営のこと

トータルで考えたときには、あまり消費税の支払いを気にせず、前に進んでいく方が良いという決断ができました。

専門の人に相談できる環境作り
~~~~~~~~~~~~~~~

自分のモチベーションも知識も上がり、確定申告もバッチリ作成してもらえました。

さて、気持ちよく納税してきます。

ちなみに確定申告の期限は、3月15日(水)までになります~

それでは、本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です