インフラ整備の毎日


こんばんは、石井です。

あっという間に11月も終わりましたね。
9月末から10月まで毎日慌ただしい日々が過ぎております。

最近はというと、久々にずっと前から楽しみにしていた映画を見てきました。

超平和バスターズの制作チームが手がける
アニメーション映画は毎回感動して
こっそり泣いています。

泣いた後はいつも頑張ろっパワーをもらってます。

前作の「心が叫びたがっているんだ」についで
今作も秩父が舞台になっております。

超平和バスターズさんたちの映画は
主人公を始め、登場人物のメンバーが
真っ直ぐに生きる不器用さにいつも共感を覚えて、

映画が終わった後に、自分の気持ちに正直に生きていこう!
と思わせてくれる映画です。

大人になってくると、ある意味人生に器用さが出てきますが、
それはそれで何か物足りないというか、、

素直さは若者だけの特権ではなく、
むしろ大人になって生きる意味を考えていく中でこそ輝くものかなと、
超平和バスターズさんの映画を見ながら感じております。

さて、最近の自分の事業を大きく3つに分けると、

1、輸出入貿易ビジネス

2、輸入総代理店ビジネス

3、物販のインフラ整備とツール開発

この3つが主となっております。

1に関しては、ツールを使った輸出入ビジネスになりますので、
極力自動化をベースに事業構築を考えております。

特に、自分が開発したFBA輸出入ツールが強力で、
物流インフラ整備とオンライン・オフラインの仕組化を組み合わせることで、
自分は発注の判断だけでそれ以外が全て回るようになりました。

輸出に関しては、今一番力を入れておりますが、ほぼ自動化になりつつあります。

2に関しては、国内実店舗を含めて取引先が増えてきました。

どうしても輸入総代理店は育てていかないといけないイメージがあるので、
地道にやっていきますが、取引先との関係を生かしてよりブーストして
収益化していくための方向性を考えております。

そうなると、自然と来年の目標が決まってきて
総代理店をより増やしていく決意です。

3に関しては、特にツール開発は楽しくビジネスを進めています。

Amazonビジネスで重要なASIN収集は、Full ASIN Getter Proという
ワンクリックで1日100万件以上(オーストラリアを含めて全世界)集めることができますし、

Amazon貿易ビジネスで必須な価格差を調べてくるツールは
改修が進み、今ではその出力ファイルの汎用性を高めています。

最近では、この二つのツールだけで
月収200万円オーバーの教え子が現れてきました。

あとは、最近最も力を入れているのがFBA輸出入ツールです。

これはあまりにも強力で、ほぼパワーセラーを丸裸にできますし、
ワンクリックでデータを集めたら、商材の回転数や利益額などが一発で感知できるので、
オンラインとオフラインスタッフと合わせると自動化が確立できます。
(多分、有在庫セラーは喉から手が出るほど充実したデータ取得の内容になっております)

FBA輸出入ツールのデータ収集ロジックも改修をしているので、これからの守りベースのアマゾン貿易ビジネスには必須かなと思います。

まあ、ある意味で、半自動の輸出入貿易ビジネスの利益確定ツールですからね。

コミュニティー限定ツールのため、一般提供はしない予定ですが、
要望があれば少しだけ販売しようかなと思っています。

とりあえず、輸入ビジネスの教え子は
既にそのツールを使って外注さんにリサーチ業務を全て教えて、
本人は発注だけで月に数十万円稼いでおります。

ツール開発を中心としたインフラ整備をして、
それで稼げる人が出てくると、自分の予測から作り上げたシステムが
正しかったんだとわかって、ちょっぴり嬉しいです。

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です