【Amazon輸入ebay輸出】「平均単価はどれぐらいが良いのか」


こんばんは。
副業マルチワーカー石井です。

明日はいよいよ石丸塾のセミナーです!

さて、Amazon輸入商品を扱うときに、

「平均単価はどれくらいが理想だと思いますか」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

商品を選択するときに考えるのが、

赤字にならない最低限の価格

経費としてかかるのが、

「国際送料」

「関税・消費税」

「国内送料」

例えば、

「国際送料」は転送かける際の重さで

金額が変わりますが、

約500-1000円ぐらいとしておきましょう。

「関税・消費税」は商品によって異なりますが、

8%としておきましょう。

「国内送料」は、発送代行を依頼するとして

1000円にしておきましょう。

すると、ざっくりですが、

「1000+1000+商品代金の8%」

が経費でかかると仮定すると、

「約3000円」

これが最低価格の一番低い価格帯になるのではないかと思います。
(ある技を使うとこれ以下でも大丈夫なのですが・・・)

では、次に上限価格についてです。

上限価格を決めるときに特に気にすべきところは、

「返品リスク」

「利益率」

だと思います。

まず高額商品の返品による不良在庫は

大幅な赤字になってしまうので要注意です。

そして、その返品リスクに見合った利益率

でないと、さらにリスクは高まります。

けれども、高額商品で高利益が取れる商品は

とても旨味のある商品でもありますので、

チェックしておく必要はあるかと思います。

ざっくりまとめると、

安い商材=返品リスクが低く、利益率が低い

高い商材=返品リスクが高く、利益率が高い

と基本は考えられます。(もちろんそうでない商材も沢山あります)

以上をもとに、

私は、平均単価の一つの目安として、

「約10000円前後」

が攻めと守りのバランスで最適ではないかなと思って価格設定をしております。

それでは、本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

メルマガ登録ここから【石井孝憲 公式メルマガ 】 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です