【輸入ビジネス】ツールを使えば、輸入も輸出もやることは同じ


こんばんは。
副業マルチワーカー石井です。

今日は七夕ですね。

皆さん、願い事を書きましたか?

私は子どもに願い事書けばと言われて、
短冊を渡されて、多分、小学生以来の願い事を書いて見ました。

子どもたちの願い事を見ていると
2パターンに分かれますね。

1、物が欲しい系

2、幸せを願う系

これ見た時に結構迷いますね。

幸せを願う系を書こうかと思ったのですが、
子供達のストレートな物が欲しい系の願い事を見ていると、
そっちもありだなって思いました。

ストレートに行くと、

「家族みんなが笑顔で暮らしていけますように」

ですが、物系に行くなら何かなって考えた時に、

物というか、今一番行きたいところがありました。

「USJに行ってマリオの世界を体験できる新アトラクションを楽しみたい」

この前テレビで見ましたが、あれやばいですよw

家族や仲間内で行ったら確実に盛り上がります。

→  https://castel.jp/p/2488 

2020年へ向けて、
七夕で願い事で書いて見ました。

さて、今日のテーマは、ツールを使った輸出入ビジネスについてです。

最近、有在庫輸入に加えて、有在庫輸出を実践始めたのですが、、、

やることがほとんど一緒でした。。。

ツールを使って、利益が取れる商品を抽出して、
それをテスト仕入れして、SKUを増やして行く。

基本的には、まずは〇〇からASINを集めて、
感覚を掴んで行く感じです。

そして、メーカー交渉した方が良いものを
できそうなものに対して、アプローチをかけて行き
仕入れの差別化も合わせて進めていく。

ツールはあくまで補助なのですが、
うまく利用できると再現性が高く実践して行くことができます。

これって無在庫でも同じで、

ツールの設定値を調整して、
〇〇からASIN集めて、
出品を増やしながら、売上と利益を伸ばして行く。

その時に、フィルタリングと言って、
出品してはいけないもの、したくないものを
弾いていって、より精度を上げていく。

これって、輸出も輸入も同じスキームです。
だからこそ、両方やった方が良いなと最近特に思いました。

貿易ビジネスって言えるのもカッコいいですからねw

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です