【輸入ビジネス】入口と出口が肝


こんばんは。
副業マルチワーカーです。

昨日、感謝のお話をしましたが、
早速、ライン@でメッセージをいただきました。

—————————–
こんばんは。

メルマガ「感謝」です。
あと拝見していても思うのは、「継続」ですかね。

ほんと顧客対応でタイムリーな話題だったので、
関心を持ちました。
—————————–

メッセージありがとうございます。
確かに私のメルマガは継続を
ポイントとしている部分もありますね。

何かのビジネスに挑戦するときは、
一番最初のうちは未来を変えられるのではないかという
ワクワク感が先行するので行動していけるのですが、

モチベーションというのは
最初がMAXで後は少しずつ落ちてきます。
(これは私もそうです)

なので、そのモチベーションを維持するために
稼ぐための環境作りをする必要があります。

ビジネス仲間とビジネスの話をするのは、
モチベーションを上げるのに効果的だと思っています。

一人で完結しそうで、完結しないのが
インターネットビジネス。

「感謝」と「継続」はとても重要なキーワードになります。

また京都でお会いできればと思いますw
メッセージありがとうございました!

さて、本日は新たなビジネスを挑戦するときに
着目するポイントをお伝えします。

「入口と出口」

入口とは、どこから仕入れるのか
出口とは、どこで売るのか

正直、ここだけ抑えれば良いと思います。

物販はご存知の通り、

「安く仕入れて高く売るだけ」

つまり、仕入れという入口と販売という出口
をしっかり押さえなさいということになります。

入口と出口がはっきりしたら、

物流や仕組みを使って、
入口と出口を繋げるルートを作るだけになります。

ここはそこまで難しい話ではないです。

出口に関しても、プラットフォームに頼って販売するのであれば、
そのプラットフォーム特有の販売の仕方を
コンサルなどを受けて一度教わってしまえば
ある程度長く使うことができます。

この部分は、Amazon輸入であれば
私が得意とするところになります。

問題は入口ですが、
ここには目利き、つまりリサーチの力が大切となります。

ここでは、無在庫、有在庫それぞれ特有のリサーチがありますが、
やはり、リサーチの視点というのは多面的であるほど
効果的になりますので、

その部分はもう少し私も研究が必要そうです。

何かの参考になれば幸いです。

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です