【輸入ビジネス 副業】自分は、CPDAタイプだと思います


こんばんは。
副業マルチワーカー石井です。

うーーー寝不足っす。

昨日は物販ビジネスを始める前に凄くハマっていたFFレコードキーパーという
アプリゲームの課金ガチャ動画や攻略解説動画を配信してくれる大好きなYoutuberを久々に見ていました。

すると、その人が暴有名Youtuberとコラボして語っていた動画の流れからその暴有名Youtuberの動画を見始めてしまったのが最後、、、、

深夜0時から20動画ぐらい一気に見始めました。

単純に面白いのですが、
マーケティングを学んでいる者の視点としてはとても学びがありました。

今日は私が学んだポイントをお伝えします。

人気Youtuberから学んだマーケティングの視点

・恐らく、動画のターゲット層は10代~20代
・理科の実験のような感覚で次々と日常のものを使って奇想天外に楽しく検証
・不真面目さの中に真面目さの伝える内容を交える
・トークが緩い
・けど真面目なことも言う
・間をあまり作らないように、間髪入れずに動画を編集していく

などなど

で、そのYoutuberの良さから気づいたことは、

・日常を取り入れることが大切。(誰でも受け入れやすい)
・緩さ:真面目さ=8:2の割合。(いつも不良がたまに良いことをすると、120%カッコよく見える原理)
・トークのテンポを意識している。(無駄な間を作って飽きさせない)
・動画の時間は長すぎない方が良い、5分から10分ぐらい (多分、飽きるか飽きないかの絶妙な時間配分)
・学校の授業では決して考えないような奇想天外な疑問を解決。(誰もがやらないけど気になる話題性)
・あとカッコ良さも大切。

ということを学ばせてもらいながら2時間近く動画を拝見させていただきました。

で、自分は真似をしてYoutubeで稼いで行動するぜって気になったかというと
ちょっと心が揺らぎましたがなりませんでしたw

物販よりは色々な意味で難易度が高そうなので。やはり最短で稼ぐのは物販の単純転売ですね。

ただ、Youtubeは分かり易いので輸入ビジネスの魅力を伝えるときにはかなり有効だと思ったので、コンテンツには交えていこうと思いました。

そのときは、今回の某Youtuberさんに学ばせてもらったトークのテンポと動画の長さを参考にさせてもらいます!

PDCAではなく、CPDAが合っている

そして、、、

結局今日は何が言いたいかというと、
(ここからやっと本題につながります!)

「PDCA」のお話

最適な答えを見つけるためには、

P:プラン(計画)を立てて

D:ドゥ(実行)して

C:チェック(検証)して

A:アクション(改善)に結びつける

「PDCA」サイクルが有効と言われています。

ただ自分の場合はどうかなって考えたときには、

「CPDA」が最適な答えを出すときに一番しっくりきています。

C:先人の良い部分をチェック(検証)して

P:参考にできる部分を組んでプラン(計画)を立てて

D:ドゥ(実行)して

A:アクション(改善)に結びつける

まずはこれを繰り返していき、ある程度先人のことを自分の知識と経験に変えてきたら、

「PDCA」の流れにして

自分のオリジナルビジネス力を上げていく流れがやりやすい人が多いかと。

ぜひ参考にしてみてご自身にあったタイプの形を見つけてもらえればと思います。

 

ブログランキングに参加しています。

ポチっと押してもらえると励みになります。

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です