【Amazon輸入】副業で収益の柱を作るために自動化・仕組化は避けられない


こんばんは。
副業マルチワーカー石井です。

Amazonさんのパフォーマンス通知の表示が変更になりましたね。

大きな変更になるのではないか
少し心配をしていましたが、、、

結果としてはとても見やすくなりました!

とりあえず、安心して年末商戦に向かって頑張っていけます。

さて、今日は既存の収益化できているビジネスがある人が
別の収益の柱を作るときに気を付けるポイントをお話します。

物販ビジネスを自動化して次の事業へ


私自身としても、Amazon輸入ビジネスは
ほぼ手離れできていますが、完全ではありません。

むしろ、完全には手離れはできないと思っていますし、
しない方が良いです。
(アカウントの守りとプレイヤーとしての経験値を上げるため)

今でも1日30分ぐらいは作業をしています。

その他に、メルマガ・ブログの記載へ1時間程度かけておりますので、

トータルで考えると、
ほぼ毎日1時間30分ぐらいはルーティン作業として固定になります。

このように、既存のビジネスがある方は
どんなに仕組み化をしても、そこにかかる作業は完全に手離れはできません。

経営的にはそこを目指すべきかとは思いますが。

そのため、別収益の柱を作る際には
既存のビジネスをどこまで外注化できるかが鍵と言えます。

私自身も2つほど新たな展開を進めていますが、
あまりスピードにのれていないのが現状です。

なので、年末に向けて、
中心となる方を一つに絞ろうかと思っています。

かといって、もう一つも少しの力で動かすことはします。

要は、0か100かと決めるよりは、
10と90ぐらいのバランスでやることにします。

そうすれば、90の方の立ち上げを一気にやって
ある程度形ができたときに、

10の方のピッチを上げていくのが
展開としては良いと考えます。

まとめますと、

収益の柱を作る

仕組み化である程度手離れ

新しい事業に挑戦(1~2個)

挑戦する事業の作業割合を決める

メインの方を一気に形を作る

次へ

こんな感じでステージを上がっていくのが
やりやすいかと思いました。

副業ビジネスの流れのチャンスを生かすこと


新しく挑戦を決めた副業ビジネスに取り組み時に
もう一つ重要なことは場の流れを読むということ。

麻雀をやっていてもそうなんですが、
場の流れというのを読むのが習慣になっています。

要は、今の自分の流れを客観的に見つめること。

ちょっと先週からその前ぐらいまでは流れがあまり良くなかったのですが、
今週ぐらいからまた場の流れが変わってきました。

「チャンスの流れの時には、一気に行動する」
「アンチャンスの流れの時には、耐えつつチャンスパワーのある人から分けてもらう」

そして、アンチャンスの時には理屈ではなく、頑張るしかない!
というのが具体的な方法かなと思います。
(もちろん具体的方法をある程度理解した上で、頑張るしかないという意味ですね)

アンチャンスの時は、キツイんですよ。
とにかくキツイ。

私も初サスペンドの時は苦しかったし、
収益が落ちると落ち込みますし、
先のことばかり考えていると途端に苦しくなることもありますし、

ただ、それでも具体的に打開策を考えつつ、
一歩一歩頑張るしかないって思っています。

そして、チャンスがくるタイミングまで動いて
稀のチャンスがきた時には一気に楽しむ!

「時の流れのチャンスを最大限に生かすこと」

これもまた重要な要素の一つではあるかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です