輸入ビジネスで資産構築という視点


こんばんは。
副業マルチワーカー石井です。

無性に久々にパワプロがやりたくなり、
近くのおもちゃ屋さんのセール商品を見ていたら、
何と中古が安くなっていました!

急ぎ足で、お店に行ったら、、
既に売り切れ。。。

これは縁がなく残念と判断して
仕方がないので、前から読みたかったビジネス書を
買ってきました。

またパワプロブームがきたら、
買いに行きたいと思います。

さて、本日は無在庫で月収100万円稼ぐのと
有在庫(特にメーカー取引)で月収30万円稼ぐのは同じ価値があるという話です。

資産構築という視点


資産構築という視点は副業ビジネスを継続していく上で
必ずなければいけないものです。

例えば、

私は元々、グーグルアドセンスという
自分のサイトに広告を載せてクリックしてもらったら
お金が入るという仕組みをやってきました。

一度サイトを作ると、365日24時間情報を発信し続けるため、
毎月自動で報酬が入ってきます。

ほぼ不労所得です。

こうした自分のメディア媒体を構築育てることは
資産構築に値すると考えます。

逆に、無在庫輸入などは、
在庫を持たず、特に大きな交渉などもないので
初心者でも稼げる即効性のあるビジネスだと思います。

ただし、資産構築という視点で見ると弱いです。

「どれぐらい無在庫が続けられるのか」

この悩みはいつまでもつきません。
資産構築だけ見ていくと、一件将来性のないように考えられますが、

現状、初心者が最速で月収100万円を稼ぐのには最適だと私は考えます。
しかも在庫を持たないため、キャッシュフローを見ても挑戦しやすいです。

無在庫輸入で月収100万円=有在庫輸入(メーカー取引)で月収30万円


無在庫とは逆に、有在庫、特にOEMやメーカー取引などに関しては、
即効性が薄いものの、資産構築という視点においては高い評価ができます。

オリジナル商品がヒットすれば、ライバル不在で独占的に販売できますし、
メーカー取引も取引先を増やしていけば、堅実に売上と利益を伸ばすことも可能です。

将来的に、物販の力が必要になった時には、商品開発、交渉などは必須のスキルと思っています。

以上のことから、私個人の考えとしては、

無在庫で月収100万円を稼ぐことと、
有在庫(OEMやメーカー取引)で月収30万円稼ぐことは

資産構築という視点では同じ価値があると考えています。

無在庫は、その売上の規模から融資も得やすく、
資金を集めることができます。
また、利益を生み出しやすいのも魅力です。

ただし、将来性(資産構築の視点)などを考えると、それに依存しすぎるのは
どうかと思っています。

有在庫は、無在庫ほどの継続した爆発力は弱いかもしれないですが、
資産構築という視点では確実にやっておいた方が良いと思います。

一時的に物販で稼げれば良い人は無在庫で大丈夫ですが、
今後物販を続けていきたい人は月収30万円を目指して構築していくべきです。

単純な売上と利益だけを見ていると、

月収30万円よりも月収100万円を早めに稼げるビジネスの方が良い気もしますが。

資産構築という視点では、

「無在庫月収100万円=有在庫(上流系)月収30万円」

は同じ価値があるのではと私は考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です