Amazon輸入ビジネスとは?


Amazon輸入ビジネスとは、Amazonと輸入ビジネスを掛け合わせた言葉になります。

まず、Amazonとは、世界最大のECショッピングサイトになります。
次に、輸入ビジネスとは、海外と日本の価格差を利益としたビジネスになります。

つまり、Amazon輸入ビジネスとはAmazonという世界最大のECショッピングサイトを利用して、海外と日本の価格差のある商品を販売して利益を得ていくビジネスになります。

貿易ビジネスになるため、以下の3つの視点が必要になります。

1つ目は価格差のある商品を見つけるリサーチの視点
2つ目はいかにして安く仕入れることができるかという仕入れの視点
3つ目は海外から日本まで輸送をして購入者まで届ける物流の視点

Amazon輸入ビジネスの流れ

基本的な流れ(在庫を持つ)の場合は以下のようになります。

1、リサーチ:海外と価格差のある商品のリサーチ。
2、買付:海外の仕入先から買い付け。
3、発送:買付先から転送会社先へ商品を発送。
4、出荷:転送会社から商品を自宅へ出荷
5、出品:商品が自宅に到着後、AmazonへFBA商品として出品。
6、納品:検品梱包しAmazonのFBA倉庫に納品。
7、購入:購入者が自分のショップから商品を購入。
8、発送:Amazon倉庫から商品が購入者へ発送。

お取り寄せ(在庫を持たない)の場合は順序が以下の流れになります。

1、リサーチ:海外と価格差のある商品をリサーチ
2、出品:Amazonへ商品を出品。
3、買付:売れたら海外の仕入先から買い付け。
4、出荷:転送会社から商品を自宅へ出荷。
5、発送:検品梱包し購入者へ発送。

この作業を全て自分で実践していこうとすると、
大変なイメージになります。

しかしながら、専用のリサーチツールを利用することで価格差のある商品を簡単に見つけることができます。

また、AmazonのFBAを利用することで購入者への梱包・発送・返品の対応を自動でやってくれたり、発送作業を代行してくれる会社を利用すれば購入者への梱包・発送を自動で行ってくれます。

つまり、Amazon輸入ビジネスというのは、PC一台で仕組み化をして稼ぐことが可能なビジネスなのです。

Amazon輸入ビジネスの参入障壁

輸入ビジネスの参入障壁としては、

輸入に関する法律と規制
税関の対応や関税消費税

などがあります。

私は参入障壁を以下のように考えます。

参入障壁が低い→誰でも実践できる→競合が多くなり稼げなくなる
参入障壁が高い→誰でも実践できない→競合が少なくなり稼げる

この参入障壁を他の人と比べてどれだけ自分が低くすることができるかが大切になります。

そのためには、正しい知識と情報を学んだり、先に実践されている方のツールやシステムを学んだりすることで、稼ぐことができるようになっていきます。

Amazon輸入ビジネスの3つの視点

輸入ビジネスにおいて、特に3つの視点が大切となります。

1、リサーチ
2、仕入れ元
3、物流

・リサーチとは、海外と日本で価格差のある商品を見つける視点のこと

海外の商品だけでも膨大な数があります。

一つ一つを手作業で確認していては作業が追いつかないことも多く、
やっと見つけた商品でも日本に届く頃には競合が増えてということもあります。

そのため、このリサーチには、ツールを利用して商品を探すのが最も効率的になります。

・仕入れ元とは、他の人と比べてどれくらい安く仕入れられるのかという視点のこと

初心者の方は、海外のネットショップやeBayなどから仕入れるのが良いです。
慣れてきたら、海外の代理店やメーカーへ直接交渉していき、さらに安く確実に仕入れる先を探すとともに自分のビジネス力を高めていくことが大切となります。

・物流とは、海外で仕入れた商品を購入者へ届けるまでの流れのこと

どんなに価格差のある商品を見つけても、どんなに安く仕入れても、輸送にコストがかかっていればそれだけ利益を失ってしまいます。
基本的に、国際送料は転送する物量が多くなるほど安くなっていきます。

最初はAmazon輸入代行業者や転送業者を利用していき、物量が多くなってきたら、DHLやFedexなどのクーリエと直接契約をすることも良いです。

どれだけ物流コストを削減して、かつ安全に速く商品を届けることができるかが輸入ビジネスでは大切となります。

Amazon輸入ビジネスの外注化

Amazon輸入ビジネスは副業の方でも実践できるビジネスです。
それは、外注化をしやすいという点があるからです。

リサーチに関しては、誰でも使うことができるツールを利用することで価格差の商品を簡単に見つけることができます。
そのため、リサーチを自分以外の誰かに報酬を渡す代わりに作業をしてもらうことが可能となります。

仕入れ元に関しては、発注先さえ見つけてしまえば、PC上から外注さんへ発注作業を依頼するだけで仕入先から納品されてきます。

また、AmazonのFBA機能、海外国内の物流会社を利用すれば商品に触ることなく、納品や発送が可能となります。

つまりは、PC一台さらにはスマホから指示を出すだけで稼ぐことができる仕組み化しやすいビジネスがAmazon輸入ビジネスなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です