【アマゾン/Amazon無在庫輸入】〇〇〇に学ぶ、5つの組織論


こんばんは。
副業マルチワーカー石井です。

昨日のメルマガで、

「モットーは、人の三倍働く」
~~~~~~~~~~~~~~

目標の稼ぎたい金額のためには、

人の三倍働く決意が必要なんですね。

特にビジネスの立ち上げの時期は、

かなりの労力が必要です。

自分1人の力は限界があります。

そして、今日のテーマは、

「モットーは、人の三倍効率的に働く」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そのために、力を注いでいるのが、

「組織力」です。

年商1億のビジネスを

私を含めて、6人で動かしています。

ざっくりですが、こんな感じです。

全体総括:自分+リアルスタッフ①

リサーチ→ネットスタッフ①

出品→ネットスタッフ①

発注→ネットスタッフ①

MYUS担当→ネットスタッフ②

梱包・発送→リアルスタッフ②・③

この組織を動かすときに、

気をつけていることは、

「育成」しながら、

「適正」を見て、

「連携」をさせ、

「報酬」をわたす

この組織化のヒントは、

中学生のときにハマった

知る人ぞ知る超人気ゲーム
↓↓↓

 

領土を一番多くとった国が勝利するもので、

勝利のポイントは、

武将を育成して、

適正(武力系か知力系か)を見て、

連携(適正な位置に配置)をさせて、

勝ったら十分な褒美をわたして、

最終的に、君主や国への

「忠誠心」

を上げていくこと。

これって、簡単に言うと、

「信頼関係」

ですよね。

三国志の場合、

国のために命がけで戦っているんだから、

その分の報酬を与えてください。

副業ビジネスの外注さんの場合、

あなたの事業のために、時間を投資しているんだから、

その分の報酬をください。

これができないなら、優秀な人材は、

三国志の場合なら、他のもっと待遇が良さそうな国へ行ってしまう。

副業ビジネスの場合は、辞めてしまう。

外注さん何度もすぐに辞めてしまって、

悩んでいる人はいませんか?

三国志(のゲーム)に学ぶ、5つの組織論のポイント

「育成」

「適正」

「連携」

「報酬」

そして、

「信頼関係」
~~~~~~

それでは、本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

メルマガ登録ここから【石井孝憲 公式メルマガ 】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です