【アマゾン/Amazon無在庫輸入】300円×1500個=450000円


こんばんは。
副業マルチワーカー石井です。

物販で大きく稼ぐために必要な3要素

「リサーチ」

「卸仕入」

そして、今日は「物流」についてお話しします。

まずは基本的な流れを抑えると、

商品をリサーチで選ぶ(リサーチ)

商品が売れる(仕入れ)

商品を移動させる(物流)

購入者へ届く

特に、物流は購入者へ届けるために
必ず避けては通れません。

多くの方が最初は自分で
梱包して発送をしていると思います。

それが少しずつ物量が多くなると、
雑務を外注化するために、
発送代行を利用すると思います。

そして、空いた時間でリサーチ作業など
売上や利益に直結する作業に集中します。

この流れは間違いではないですし、
副業ならなおさらそうした方がいいと思います。

けれども、収益を拡大させたいのであれば、
物量が増えてきたときには、自分で物流の仕組みを
作ることが最大の差別化になります。

発送代行は、サービスを利用させてもらうため、
当然、手数料が発生します。

例えば、約300円の手数料が発生すると、
1ヶ月 1500個の取引があるとすれば

300円×1500個=450000円

つまり、45万円を使うことで
発送代行のサービスを受けることになります。

実は、これは物販の基本的な考えである

「安く仕入れて高く売る」

とは、実は逆に進んでいます。

他の誰かが仕組み化したサービスを使うことは
楽にはなりますが、その分サービス使用料が発生します。

そのため、自分で物流を仕組み化した方が、
45万円分もの利益を生み出すことができます。

突き詰めるのは、これだけ。

——————————————————
「安く仕入れて、高く売るための仕組みを作るだけ」
——————————————————

これを自分で作り上げていくことで、
収益は自然と伸びていきます。

「リサーチ」×「卸仕入」×「物流」

きっと物販を突き詰めている人たちは
この仕組みを作っていると思います。

と・い・う・こ・と・は

これらの3要素の土台を作り上げて

初めて物販のスタートラインに立てることが

できると思っています。

副業でもリサーチ・卸仕入・物流の仕組みを作ることができます。

そして、そのやり方を学ぶために
初心者にとって最適なビジネスが、
「Amazon無在庫輸入」になります。

次回は、Amazon無在庫輸入ビジネスについて
お話しさせていただきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です